個人線量測定機関協議会

ホーム
・参加各社のご案内
個線協へようこそ
・設立目的
・活動概要
・事務局所在地
・組織
お知らせ
・お知らせ (最終更新2016年12月28日)
・更新履歴(最終更新2018年6月12日)
活動実績と今後の予定
・これまでの活動
・今後の活動
個人モニタリング
・個人線量計の選び方
・個人モニタリングサービス共通技術基準
・除染電離則共通技術基準
環境モニタリング
・環境モニタリングサービスについて
・環境モニタリングサービス共通技術基準
各種資料
・サービス規約
・試験報告
・統計資料
・法令改正

個線協へのご質問・ご要望
『個人線量測定機関協議会』(以下:個線協)は、測定サービス機関相互の技術的協議団体として、昭和59年に設立されました。
当時、個人モニタリングサービスを実施していた下記の4社が


産業テック株式会社(産業科学株式会社より分社)
株式会社 千代田テクノル(旧、千代田保安用品株式会社)
長瀬ランダウア株式会社
ポニー工業株式会社(旧、ポニー原子工業株式会社)

《直接・間接的に法令と対比する個人線量の数値を社会に提供している》

という責任の重大さを認識し、個人線量測定技術の維持向上のための共通的な事項を協議するため、文部科学省(旧、科学技術庁)のご指導を受けて発足しました。
以来、
公益財団法人放射線計測協会(以下:放計協)のアドバイスをいただき、年4回の定例会合並びに時々の分科会活動を継続し、現在に至っています。
個線協は、メンバー各社の個人線量測定技術の維持向上を目指し、次のような各テーマを対象として関係法令及びJIS等の技術基準との適合性等をはじめ、個人モニタリングサービスの信頼度向上に必要となる事項について協議しています。

放射型図表

なかでも、測定精度については、年数回に亘るブラインド照射試験の実施により、個線協の設立当初から継続的に確認しています。
また、放射線防護関連法令の改正時期には、個人線量の算出基準や報告内容等の統一化を図ると共に変更点、解説資料を作成する等、皆様が

《安心して個人モニタリングサービスをご利用いただける》
ように、対応を図っています。
個人線量測定機関協議会の構成メンバーは、産業テック(株)、(株)千代田テクノル、長瀬ランダウア(株)、ポニー工業(株)の4社で、協力機関として個線協発足時から放計協にご参加いただき、中立的な立場から本会が公平な立場で技術基準統一などの審議検討を行っていることを確認していただいています。

幹事会社
  長瀬ランダウア株式会社
事務局
  個人線量測定機関協議会事務局
  〒300-2686
  茨城県つくば市諏訪C22街区1
  長瀬ランダウア株式会社内



最終更新日、2015.10